スポンサーサイト

Posted by rapid-rapid on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコノミーキットの使えない床下を有効利用する

Posted by rapid-rapid on 11.2010 鉄道模型   0 comments   0 trackback
みなさんご存知のように、僕は阪急ばっかり作ってる変人ですw

やはり、慣れてくると作りこんでみたくなりますよね。

そこで、一番気になるのが、床下

阪急の板キットの床下は旧エンドウのもので、阪急には全く使えないんです

だから、それをどうにかしようという計画です。

名づけて「もういっそのこと、真ん中全部とっちゃえ法」ですw

今回必要とするのは
阪急板キットなどについている床板、どれでもOK
1.0mmのプラ板
1.0mmのプラ棒
0.5mmのプラ板
床下機器
です

まずは下の写真の状態のものを
IMG_0224.jpg
下の写真のように3個のパーツに分ける。
IMG_0225.jpg
切断するのは、一段へ込んだ部分の両端をデザインナイフなどで数回なぞる
このとき筋が入る程度でよい。
筋が入ればそのまま曲げて折ってくださって結構です。

ここで1.0mmのプラ板の登場!!
このプラ板を16mm×50mmに切断する。
写真のような感じ
IMG_0226.jpg
これはまだくっつけませんよ~
次にいるほうの部分に1.0mmのプラ棒を14mmに切って写真のように貼り付ける。
IMG_0227.jpg
その後に写真みたいな感じの位置に先ほどのプラ板をくっつける
IMG_0228.jpg
ここまでくれば完成したも同然です。
その後に、やはりくっつけたもの同士が平行でないといけないので、1.0mmのプラ棒を10mmに切って写真のように貼り付けます
IMG_0229.jpg
最後に取り付け例です
IMG_0230.jpgIMG_0234.jpg
まぁこんな感じです。

でも、ここまで作ったんだし、電車の中にあるあれを再現したくなりますよね~
そう座席です。
今回は暫定的に1.0mmのプラ棒と0.5mmのプラ板を使用します。
制作方法はまず1.0mmのプラ棒を13mmと25mmに切る
13mmの背もたれ部分は4mm
25mmの背もたれ部分は3mmで切り出します
IMG_0231.jpgIMG_0232.jpg

13mmは左の写真のようにくみ上げます。
そして25mmは右の写真のようにくみ上げます。
ついでに13mmのほうの下側も写してあります

とりあえずコレをドアの位置にあわせて貼り付けます。

そして塗装ですが、座席は東急ライトグリーンを塗ります
床は西部ラズベリーが適正です。
未確定ですが、更新車などなら西部トニーベージュがいい感じやと思います。

一気に書いちゃいましたが、これは自分的に結構使えると思いますし、実用的ですから一度やってみてください!

あっ加工に失敗しても当方は一切責任を負いませんので!
加工は自己責任で!!
でも質問ならたぶんいくらでも受け付けますよ~

それでは
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://takatsukirapid.blog91.fc2.com/tb.php/73-a669fdcf

プロフィール

rapid-rapid

Author:rapid-rapid
月一ペースで更新再開中

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。