スポンサーサイト

Posted by rapid-rapid on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What do I know?

Posted by rapid-rapid on 15.2010 雑記   0 comments   0 trackback
果たして僕らは、人間の何がわかっているのだろうか?

僕はトレイントレインにも参加していますが、そこではいろいろな情報交換をしています(僕の場合)。

全員が全員というわけではない、僕がそこでお話をしていただいている方たちはみんな、周りのことが見えている本当の意味での大人の方たちです。

しかし、やはり大人の中にも周りのことが見えず、自分中心に考えることしか出来ない子供がいっぱい居ます。

正直いって見苦しいですね。

ぼくがいえたたちではないですが・・・

中学生・高校生も多数参加していますが、この中にもというかほとんどが、子供であると思う。

何せ人のことを批判するだけして、それで同志が集まってさらに批判するのを楽しんでいますからね。

もう社会問題と化しています一種の「いじめ」に当たるのではないでしょうか?

確かにこの前の209系のときといい207系のときといい500系・あすかなどなど

鉄道ファンの行き過ぎた行動によって一般人に対して迷惑が掛かっています

でも、それをなぜさらに事を拡大しようとするのだろうか?

自分はどうなのか?と思う

まずそこからが中高生はなってないと思う。

確かに僕自身、自分の私利私欲のために公のことを妨害する行為はいけないと思う

しかし、それを批判する前に自分はどうであるのかを考えたことがあるのだろうか?

そう考えると2ちゃんねるの住人は常に正論を言っているようにしか思えない

ここで間違えてはいけないのは、別に僕は2ちゃんねらーがやっている事を肯定する気はない(実際は肯定しているが、)

人の振り見て我が振りなおせ

である

よく2ちゃんねるの住人に批判されて逆切れしている奴が居るけど、いつもとは限らないが、それは自分自身に責任があるとは考えないのだろうか?

確かに、2ちゃんねらーが個人的な怨念のために個人をたたくことはある、これは例外として2ちゃんねるでたたかれるにはみんなそれなりの理由があるからではないだろうか?

少なくとも2ちゃんねらーが引用として出している記事を眺め、2ちゃんねるの書き込みを見ると、自分も納得させられてしまう。

それを認められないから、書かれた本人は2ちゃんねる批判をする。しかしそれはお門違いではないだろうか?

もとはと言えば、自分に責任があるからである

ここで強調したいのは全部が全部ではないということである。

結局ここでいいたいのは、自分がたたかれるのは自分にそれなりの非があり、自分がそれを認めようとしないから。

だから、まず人のことを書く前に自分の行動を省みることから始めるべきである。
スポンサーサイト
 

プロフィール

rapid-rapid

Author:rapid-rapid
月一ペースで更新再開中

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。